ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、正式には急性腰痛のことをいいます。あまりに強い痛みがでる場合も多い為、欧米では「魔女の一撃」とも言われます。

多くの場合は、1~2週間で痛みが収まってくる場合がほとんどです。ただ痛みの強い時期は、歩けない、寝返りができなかったり、ひどい場合はその場から動けなくなってしまう場合もあります。

原因

ぎっくり腰が発症する引き金となる原因は様々です。重いものを持ち上げた時、朝顔を洗っているとき、くしゃみをした拍子に、後ろを振り返った時など、普段では何でもないような動作が引き金となりぎっくり腰が発症します。

普段何ともない動作でぎっくり腰になってしまった場合、そのほとんどで心身が「極度の疲労状態」となっており、免疫力が低くなっている。という背景が見られます。

一般的にぎっくり腰が季節の変わり目に多いのも免疫力の低下が関係しています。

仕事が普段より忙しい時期であったり、転職や引っ越しで環境が大きく変わったり、体と心が深く疲れている際にぎっくり腰は起こりやすいです。

もともと人は直立二足歩行という特殊な歩き方を行う上で、構造上どうしても腰に負担がかかりやすいです。もともと腰痛持ちであったり、背骨・腰・骨盤回り・股関節が硬い人はぎっくり腰発症のリスクが高くなります。そういった元の状態に深い疲労が重なるとさらにリスクが上がります。

動けなくなってしまうくらい辛いぎっくり腰は、そうなるだけの原因が隠れています。

ACTの治療方法

安静にすることは大切ですが、安静にしすぎて全く腰を動かさないとかえって固まってしまいます。可能な範囲で徐々に体操をしていくことも大切です。

腰や股関節周囲の筋肉が過度に収縮してしまっている場合は、その筋肉の過緊張を緩めてあげることも重要です。ACTではスポーツマッサージ、ストレッチ、整体、鍼灸、運動療法を組み合わせ治療を行います。

「重いものを無理に持ち上げた」など明らかな原因がない場合、ぎっくり腰になってしまった方の多くはもともと腰やその周囲に何かしらのエラーがある場合がほとんどです。反り腰であったり、腰椎が後弯していたり、股関節が硬かったり。ぎっくり腰の症状が治まっても、腰に負担をかけやすい状態を改善しなければ再発してしまう恐れがあります。ACTでは原因を明確にし根本治療を行い、さらにぎっくり腰の再発防止に力を入れて取り組んでいます。

問診や評価によって腰に負担をかけてしまう原因を特定しそこに対して的確にアプローチ致します。スポーツマッサージ、ストレッチ、整体、鍼灸を組み合わせた治療を行う場合もあれば、身体を支える筋力が低下している場合にはエクササイズやトレーニングを組み合わせることもあります。

まずは治療によって痛みを取り除き、その後はトレーニングを継続し、ぎっくり腰の予防を行えるとより活動的で健康な体を取り戻すことができます。

ぎっくり腰が癖になっている方、慢性的な腰痛のある方、ぜひ一度ご相談ください。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

kanja 肩こり、腰痛、スポーツ障害、どこに行っても改善しないつらい悩み どんな些細なことでも構いません!お気軽にご相談ください! 経験豊富なトレーナーがあなたの悩みに全力で対応します。

mah

住  所 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-1-3伊東ビル5F
電話番号 03-6805-2673
アクセス 東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩2分
営業時間 平日9:00~20:00 土日祝 9:00~19:00
休診日  不定休
※時間外施術をご希望の方はご相談ください