バスケットやサッカー、バレーボール等のスポーツを行っていると一度は経験のある足首の捻挫。日常生活でも階段を踏み外したり段差につまずいたりして捻挫をしてしまうことがあります。
この足首の捻挫、部活動などでも軽視してしまうことが多いけがの一つです。
足首を捻挫は、程度にもよりますが腫れや熱感を伴いながら痛みが強く、ひどい場合は歩行が困難になってしまいます。さらには骨折の可能性もあるケガで決して軽視してはいけません。また、痛めてしまったらアイシングをする!というの対応は今では当たり前になってきており、応急処置の認知度が上がってきていることはとても素晴らしいことです。
ですが、その後痛みが引いた段階でリハビリなどをせずに練習に復帰する方がとても多いのも現状です。

ケガをしてしまった後には、痛みが引いたからと言って完全に元に戻ったわけではありません。痛みが引くまでの時間が長くかかってしまえば、周りとの筋力が低下してしまったり、関節の動きが悪くなってしまったりと、いろいろなマイナスな変化が起きています。ですが、このマイナスの変化に気づかず、痛みが引いたのちにすぐスポーツに復帰してしまうとマイナス要素が広がっていき、腰痛の原因になってしまったり、膝のけがを誘発してしまったりとさまざまな障害のリスクが多くなってしまいます。

たかが捻挫だと思わずに、捻挫後のリハビリをしっかりと行い再発やその他のリスクを事前に防ぐことが大切です。

当院の治療

当院は、捻挫をしてしまってすぐからでも治療を行うことが可能です。捻挫をしてしまった後のすぐの対応が早期に回復することにとても重要になってきます。
当院では来院していただいた場合、どの程度の捻挫なのかを評価していきます。どの程度痛めてしまっているのか、どの動きが痛いのか、腫れはどの程度かなどを評価し適切な対応をしていきます。
関節の腫れを早期に取っていくためには、鍼を用いたり独自の腫れ除去テクニックを用い早期に腫れを取り除いていきます。
また状態に合わせたリハビリ、再発防止のトレーニングなども組み合わせながら早期復帰、再発予防に努めていきます。

捻挫をしてしまい痛みがあるが次の大会までになんとか間に合わせたい。癖になった捻挫を治したい。予防のテーピングを巻きたい。そのような悩みを抱えた方、一度駒沢のスポーツ総合治療院アクトへご相談ください。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

kanja 肩こり、腰痛、スポーツ障害、どこに行っても改善しないつらい悩み どんな些細なことでも構いません!お気軽にご相談ください! 経験豊富なトレーナーがあなたの悩みに全力で対応します。

dennwa

mah

住  所 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-1-3伊東ビル5F
電話番号 03-6805-2673
アクセス 東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩2分
営業時間 平日9:00~20:00 土日祝 9:00~19:00
休診日  不定休
※時間外施術をご希望の方はご相談ください